本文へスキップ

セーラー服・プリーツスカートなど制服の洗濯・お手入れ方法ご紹介。

セーラー服・プリーツスカートなど制服の洗濯・お手入れ方法

セーラー服・スカートなど制服のお手入れ方法Keep Good

ほとんど毎日着る制服、いつまでも清潔に着る為にも、ちゃんと大事にお手入れしてあげてね。
 ここではセーラー服(制服)・スカートのお手入れ方法を少しご紹介しますので参考にして下さい。


セーラー服・制服・女子通学服 通販
セーラー服・制服・女子通学服 通販

セーラー服(制服)の毎日のお手入れ

基本的なセーラー服(制服)の毎日のお手入れ方法。

  • 学校から帰ったら、制服をハンガーにかけて休ませてあげます。
     制服をハンガーにかけて休ませてあげるだけで、少しくらいのシワなら回復します。
    (クリーニング店でもらえる、針金のハンガーは型崩れするから使用を避けた方がいいです。)
  • 制服にブラッシングを行う場合は、生地の目に沿って行います。
  • 制服に毛玉が出たら。
     制服の生地によっては毛玉が出やすくなります、もし毛玉が出たら 毛玉をむしり取らずに毛玉取り器でやさしく撫でるようにします(毛玉取り器を制服に押し付けて、ゴシゴシすると生地を傷めます。)、または小さなハサミで生地を傷めないよう注意しながら毛玉を切り取ります。
  • 雨の日などで、制服が濡れた場合は、乾いたタオルを制服に軽く押し当てる(たたく感じ)ようにして水気を取ります。 そして制服をハンガーにかけて、ドライヤーを制服から少し離して広い範囲に温風が当たるようにやさしく(熱くならないように)乾かしてあげてね。(乾燥機は使わないでね。)
     制服を濡れたままで放置しておくとカビが発生したり、型崩れ・シワの原因になります。
  • 制服にシミを付けてしまった時は
     汚れた部分をこすらずに制服の裏表からティッシュなどで挟んで汚れを吸い取るようにします。
     そしてなるべく早く制服をクリーニング店に出すようにして、クリーニング店の人にシミの場所と何のシミかを伝えてください。

制服は毎日のお手入れで、長くキレイに着られます。

セーラー服(制服)を自宅で洗濯する場合。

必ず制服に付いている、取り扱い絵表示を確認して それに従って洗濯します。

セーラー服のタグ

セーラー服のタグ

この表示がある物は、水洗い出来ません。

セーラー服のタグ

この表示がある物は、30℃以下のぬるま湯で、中性洗剤を使用し軽く手洗い 50回くらい両手でやさしく制服全体を押さえて緩めるを繰り返します。(制服はファスナーやボタンをとめて、裏返しにして洗います。)

セーラー服のタグ

この表示がある物は、30℃以下のぬるま湯で、中性洗剤を使用し洗濯機の弱水流で洗えます。(制服はファスナーやボタンをとめて、裏返しにして洗います。)

塩素系漂白剤を使わないで下さい、また制服の素材が毛100%の物はドライクリーニングに出す方がいいです。

洗濯機で洗う場合は以下も参考にしてください。

  • 制服のポケットの中の物をすべて出します、制服・セーラー服やスクールスカートの内ポケットの確認を忘れないように注意してください。
  • 制服を2つ折り程度にたたんでネットに入れて洗います。(小さくたたむとシワになります。)
  • 制服単独で洗った方が、他の洗濯物から出るほこりやゴミが制服に付着しないのでいいです。
  • 弱水流2・3分か、”手洗いコース”または”ウールコース”など使って、やさしく洗うようにします。
  • 脱水は短め(30秒以下)にした方が、型崩れも少なくなります。
  • 洗濯が終わればすぐに取り出して干すようにします。 放置すると、制服にカビが発生したり型崩れやシワの原因になります。

セーラー服・スカートやスラックス洗濯後の干し方

洗濯後のセーラー服など上衣は出来るだけ厚みのあるハンガーにかけて形を整えて、必ず陰干しにします。

乾燥機は使わないでください。

プリーツスカートの干し方

 洗濯後のスカートやスラックスはポケットなど内側が乾きにくいので裏返しにして、上の写真のようにたたまずに着用状態に近くなるように丸く吊るして陰干しにして乾かします。

プリーツスカートのアイロンがけ

制服にアイロンがけをする場合は、必ず当て布をしてスチームアイロンをかけます。(アイロンに力を入れて擦ると、テカリの原因になります。)
 プリーツスカートにアイロンをかける場合は、下の写真のようにヒダを洗濯ばさみでとめるとかけやすくなります。

プリーツスカートのアイロンがけ

 アイロンの温度設定に注意してください、必ず制服に付いている 取り扱い絵表示を確認してその通りに温度設定します、温度が高すぎると制服の素材によっては溶けて穴が開く場合があります。
(取り扱い絵表示に「中」とある場合は、アイロンの温度を140〜160℃にします。)
 また制服が乾いてから、アイロンがけを行います。

制服にテカリが出たら。

 制服はほぼ毎日着るので、スカートのお尻などよく擦れる部分にどうしてもテカリが出てきます。(制服の繊維が劣化してしまっている場合は修復が難しくなります。)

制服にテカリが出たら。

 テカリは生地表面の毛羽がぺったりと寝た状態になり、これに光が反射して起こります。

テカリが出たら。

  • まず制服の汚れを落とします、汚れがひどい場合は洗濯します。(洗濯したら、制服をよく乾かします。)
  • 歯ブラシなどで、テカリ部分の布目と逆方向に寝た毛羽を起こすようにブラッシングします。
    (あまり力を入れてブラッシングすると、生地を傷めますので注意してください。)
  • テカリ部分に濡れタオルを当て、スチームアイロンを浮かし気味にかけます。

お手頃価格のセーラー服・スクールスカート 通販

お手頃価格のセーラー服で、お気軽にセーラー服ファッションを楽しめます。