本文へスキップ

セーラー服の特徴や種類の解説・スカーフの結び方の解説など。

セーラー服の特徴や種類の解説・スカーフの結び方の解説など。

セーラー服の襟(関東襟・関西襟)Sailor Eri

 

 「関東襟」を採用している関西の学校もあるそうですので、関西で「関東襟」のセーラー服を着るのはダメというわけではありません。 でも人にセーラー服の絵を描いてもらうと、その人が関東・関西のいずれの出身か分かるかもしれませんね。

セーラー服の襟 関東襟

セーラー服の襟 関東襟

 一般的に「関東襟」は襟の上部が肩幅より狭く、襟に引かれる白線などのラインが曲線(直線もあります)となっていて、ラインが曲線なのでバストラインよりも少し上で左右のラインが繋がります、この為に「関西襟」より襟のサイズが小さくなります、また左右の襟の間が狭くなることもあり 胸当てが取り外し出来たり・胸当てが無いセーラー服もあります。

セーラー服の襟 関西襟

セーラー服の襟 関西襟

 「関西襟」は襟の上部が肩幅と同じくらいで、襟に引かれる白線などのラインが直線になっていて、左右のラインが繋がるのが「関東襟」より下になる為に「関西襟」は「関東襟」より襟のサイズが大きくなります、また「関西襟」は左右の襟の間も広くなる為に胸当てがあります。(「名古屋襟」は、「関西襟」よりさらに襟のサイズが大きいのが特徴です。)

セーラー服の襟カバーSailor Eri Cover

 

 セーラー服の襟は、髪の毛に触れたりして汚れたりします。
 セーラー服の襟にカバーを付けて、襟カバーを取り換えられる様にすることでセーラー服の襟が汚れてもセーラー服自体を洗濯しなくてもいいようになっています。(デザイン上、既製品をベースとして既製品に無い色の襟にしたいという理由もあると思います(値段も抑えて)。)

セーラー服の襟カバー
セーラー服の襟カバー

セーラー服に襟カバーを付けた状態。
セーラー服に襟カバーを付けた状態。

セーラー服の襟カバーはボタンで付けます。
セーラー服の襟カバーはボタンで付けます。


女子中学生用セーラー服(「JH」の刺繍)Sailor JH

 

 スカーフ留めに下の写真にあるような「JH」の刺繍が入っているセーラー服があります。 この「JH」の刺繍は”ジュニアハイスクール(junior high school)=中学校”の意味で、この「JH」の刺繍があるセーラー服は女子中学生用です。
 セーラー服のスカーフ留めに校名の刺繍を入れている学校もあります。

女子中学生用 夏セーラー服

女子中学生用 夏セーラー服

女子中学生用 冬セーラー服

女子中学生用 冬セーラー服


セーラー服の裏地Sailor JH

 

 セーラー服のメーカー・ブランドなどによって裏地が異なります、ツルツル感の裏地は肌触りがいいですが汗をかくと肌にくっついたりして不快に思うかもしれません。(感じ方には個人差があります。)

ポリエステル製でツルツル感の裏地。

ポリエステル製でツルツル感の裏地。

肌触りもいいので、キャミソールなどインナー無しで着れたりします。

汗をかいても肌にくっつきにくい裏地。

女子中学生用 冬セーラー服

 写真からは分かりにくいかもしれませんが、荒い生地のような裏地(メッシュ生地)になっています。
 肌が敏感な人はセーラー服が新しい間 裏地が肌にすれた時など痛く感じることがあるかもしれません。


セーラー服のスカーフSailor Scarf

 

 スカーフもセーラー服の印象を大きく変えます、スカーフも校則で色や形などが決まっていますが服装を自由に選べる学校ではいくつか種類を持って、その日の気分で色などを変えてみるのもいいと思います。
 スカーフの他にリボンタイプなどもありますが、ここでは一般的な三角スカーフとパータイをご紹介します。

三角スカーフ

三角スカーフ

大きな三角形をしたスカーフで、セーラー服の襟の左右や背中からスカーフを少し出してちょっとしたアクセントに出来ます。

パータイ

パータイ

帯状のスカーフで、通常パータイはセーラー服の襟から出すことは出来ません。

 セーラー服にスカーフ通しがある場合はスカーフをそこに通します、スカーフ通しが無い場合はスカーフを可愛く結ぶ必要があります。

リボン・ネクタイ

以下の写真のようにネクタイをホックで付けるタイプもあります。

ネクタイ片方のホックを外している状態。

セーラー服ネクタイ

ネクタイをセーラー服につけている状態。

セーラー服ネクタイ


セーラー服のスカーフ(ネクタイ)の結び方Sailor Scarf

 

 セーラー服の印象を大きく変えるスカーフを可愛く結べるかで、全体の可愛らしさも変わってきますので可愛くスカーフ(ネクタイ)を結びたいですよね。
もし、校則等でスカーフの結び方が決まっている場合はそちらに従ってください。

三角スカーフ

セーラー服のスカーフ(ネクタイ)の結び方

上の写真が三角スカーフの結び完成写真です。(ちょっと左右の長さが違いますが・・・。)

手順 1

スカーフを左右前に垂らします。この時どちらか一方を少し長くして垂らします。
セーラー服の三角スカーフの結び方 その1

手順 2

長く垂らした方(写真では赤いスカーフ)を短い方にひっかけるようにして上に上げます。
セーラー服の三角スカーフの結び方 その2

手順 3

上に上げた長い方を写真の様に下に下げます。
セーラー服の三角スカーフの結び方 その3

手順 4

長い方を、再度短い方にひっかけるようにして今度は横に持っていきます。
セーラー服の三角スカーフの結び方 その4

手順 5

長い方の先を写真の様に通して結びます。
セーラー服の三角スカーフの結び方 その5

手順 6

結べたら、全体の形を可愛く整えます。
セーラー服の三角スカーフの結び方 その6

プリーツスカートSailor Skirt

 

 プリーツスカートの種類としてひだの数やひだの折り方にいくつか種類がありますが、ここではセーラー服のスカートして一般的なひだの折り方2種類をご紹介します。

車ひだ

車ひだ

車ひだはプリーツスカートを下から見ると、円盤状の木工用電動ノコギリの歯のように同じ方向に折られています。

前箱ひだ

前箱ひだ

前箱ひだは、お尻の辺りからひだが左右に分かれて左右対称となるように(向かい合わせに)折られて、前で左右のひだが合流しそこが広いひだになっています。


プリーツスカートの裏地Sailor Skirt

 

 プリーツスカートは裏地が無い物が多いのですが、裏地のあるプリーツスカートもあります。

スカートの裏地

プリーツスカートの裏地

 素材が毛100%のプリーツスカートをはくと”ちくちく”するのですが、裏地があるとこの”ちくちく”が しなくなります。


セーラー服 その他の種類。Sailor Uniform

 

 セーラー服には上記の他にも大きな種類分けとして、”かぶり”と”前あき”があります。

”かぶり”のセーラー服

 セーラー服を正面から見て右サイドにあるファスナーを開けて、胸当てがある場合は胸当てのホックも外してかぶるように着るセーラー服です。

”前あき”のセーラー服

 ボタンシャツのようにセーラ服の前を完全に開けて着るセーラー服で、開ける部分はファスナーやホックで留めます。
 また”前あき”のセーラー服ではスカーフを結ぶのではなく、スカーフ留めに通して前にスカーフを垂らして前のファスナーをスカーフで隠すようにしています。


セーラー服・制服 通販Sailor Sale

 

 お気に入りのセーラー服の見つけて下さい。


お手頃価格のセーラー服・スカート 通販Sailor Sale

 

 お気に入りのセーラー服の見つけて下さい。